cashbetcoin仮想通貨等カジノ系ICOプレセールが流行

カジノでも導入が進むブロックチェーン&仮想通貨

1. ブロックチェーン技術とは?

仮想通貨「ビットコイン」を動かすためのDNAとして生まれた「ブロックチェーン」は、通貨を管理する政府や中央銀行、クレジットカードなど決済システムで個人情報を管理する大手企業のような管理者を置かずに信用ある取引承認を行う「プルーフ・オブ・ワーク(PoW)」と、情報を分散保管してデータの不具合や情報紛失を防ぐ「P2Pテクノロジー」を備えた画期的IT技術で、すべてが個人間同士の取引で完結する新世代システムです。



現在この技術は、仮想通貨(暗号通貨)による国際送金に要する日数の減少、支払い処理や仲介手続きに要するコスト削減、匿名性利用による個人情報盗用・不正利用防止、さらに偽造・改ざんを防ぐ本人証明・本人認証、バックオフィスなど監視業務コストの削減、IoT(インターネット・オブ・シングス)センサー情報の管理などにも活用が見込まれています。


また海外では、Google、Microsoft、Apple、Amazon、IBM、JPモルガン、ゴールドマンサックスなど名だたる世界的企業を中心にブロックチェーン技術の研究・応用が試行されています。



さらに国家・政府単位でも技術研究が進んでおり、北欧・スウェーデンでは土地登記分野でブロックチェーンの応用に向けての試行テストがスタート、スカイプ(Skype)を産んだIT先進国・エストニアでは政府が国民の医療データ記録管理を目的に新ブロックチェーン試験を開始、そしてシンガポールではブロックチェーンを利用した小切手の電子化の実証実験がスタート、さらに経済大国・アメリカのラスベガスでは「Golden Gate Hotel Casino」・「The D Las Vegas Casino Hotel」などのカジノリゾートホテルやレストランでビットコインが導入されるなど、各国で様々な開発が進行しているのです。



2. iGamingで仮想通貨が導入される..!?

さてそんな中、オンラインカジノやブックメーカー、e-sportsなどモバイルインターネットで楽しめる「iGaming」分野でも、ブロックチェーン技術の開発プロジェクトが次々と生まれています。


たとえば、仮想通貨に対応したオンラインゲーミングプラットホームのプロジェクト「cashbet」がその中の1つです。



当プロジェクトは、2012年に設立されたアメリカのカリフォルニア州オークランドに本社を置く「cashbet」が立ち上げたもので、オンラインギャンブルゲームを利用するための簡単な入出金と処理速度、不正がない取引やマネーロンダリング防止などで仮想通貨を活用する内容になっています。






「Alderney Gambling Control Commission」と英国のギャンブル委員会から正式なライセンスを受けているため、プロジェクトの事業運営に透明性はあると言えるでしょう。



また2018年1月には、プレミアリーグ・フットボールクラブのアーセナルFC(Arsenal FC)と業界初の仮想通貨提携を締結し、今後イギリスの「エミレーツ・スタジアム」内で広告を掲載する予定になっています。


そのほか「Bloomberg」や「BBC(英国放送協会)」など、世界的な報道機関でもすでに紹介されているほどなので、現在世界中の投資家やトレーダーたちがICO投資の1つの案件として注目しているわけです。






オンラインゲームと仮想通貨は、互いにインターネットを活用する面で非常に相性が良く、さらにモバイルインターネットで楽しめるギャンブルゲームは世界的に巨大な市場となっており、将来さらに多くのユーザーが参加し成長していくことが期待されています。


しかし、現在のICOは多くの案件で投資家側にハイリスクが伴う状況(案件精査がかなり難しい)なので、あくまで失っても良い余剰資金でICOに参加した方が良いでしょう。



なお、当案件のICOに参加されたい場合は、2018年1月24日~2月20日17時まで「cashbet」トークンの先行販売(プレセール)が行われており、ビットコイン、イーサリアム、ライトコイン、現金(USDのみ)で購入が可能です。


2018年3月20日17時~4月27日17時までの一般公開でもトークンを購入できますが、より多くのトークンを入手できるプレセール期間の方がお得なので、興味がある方は可能な限りプレセールでの購入をオススメします。


* 日本居住者は「cashbet」を購入できません。(2018年3月31日更新)



3. カジノで仮想通貨が使用されるメリットとは..?

カジノ場に仮想通貨が導入される最大のメリットは何かというと、ずばり「利便性」です。


とくに一夜で数百万~数千万円もの大金でプレイするVIP会員の場合、巨額のプレイ資金をゲームの度に現金持参してはチップに交換することは面倒であり危険です。



そこで、ゲームテーブルに座ったままスマホウォレットに入った仮想通貨でチップ代を支払えれば、安全な上に無駄な時間を削減できるのです。


また、海外から来たプレイヤーの場合、わざわざ高い両替手数料を支払って現地通貨に替えなくても、ほぼ無料で仮想通貨に替えて遊ぶことも可能になり、その点からもカジノと仮想通貨は非常に親和性が高い組み合わせと言えるのではないでしょうか。



★仮想通貨ビットコインで遊べるカジノ
≫ ビットコイン入出金対応のオンラインカジノ

* 他サイトへ移動します

関連記事

8月のおすすめカジノ&ポーカーバー

  1. メイドカジノ・Ritz(リッツ) 概要 2014年9月9日オープンの名古屋初メイドカジノカフェ。…
  2. ブラフバー(BLUFF BAR) 概要 2009年オープンの大阪初の本格的ポーカーバー。ビル4F…
  3. CASINO VENUS 概要 海外カジノゲームを模擬体験できる、東京お台場のショッピング&レス…
  4. ナゴヤギルドカジノ(Nagoya Guild Casino) 概要 2015年3月13日オープン…
  5. バニーズギルド(Bunny's Guild) 概要 バニーズギルド(Bunny's Guild)…

日本カジノIR参入企業

  1. SJMホールディングスマカオ(SJM Holdings)

    SJMホールディングス(SJM Holdings) 概要 「マカオのカジノ王」と名高いスタンレー…
  2. シーザーズエンターテインメント(ラスベガス)

    シーザーズ・エンターテインメント(Caesars Entertainment) 概要 1937年…
  3. モンテカルロSBM(Monte-Carlo SBM)

    モンテカルロ・ソシエテ・デ・バン・ド・メール(Monte-Carlo SBM) 概要 モンテカル…
  4. ギャラクシーエンターテインメントマカオ(Galaxy Entertainment)

    ギャラクシー・エンターテインメント(Galaxy Entertainment Group Limit…
  5. MGMリゾーツインターナショナル(ラスベガス/大阪/日本)

    MGMリゾーツ・インターナショナル(MGM Resorts International) 概要 …
  6. ゲンティングループ(Genting Group)

    ゲンティン・グループ(Genting Group) 概要 1964年に林梧桐により設立されたゲン…
ページ上部へ戻る