マカオ裏カジノ店の売春摘発ニュース

2016年2月3日

●店名: -
●開業日: -
●住所: -


マカオ治安警察局は2016年2月3日、マカオ半島北東部・黒沙環地区の住宅街にある高級マンションの一室で運営されていた闇カジノ店の摘発を行い、営業に関与した22~35歳の男女15人の身柄を拘束した。

15名の内訳は、マカオ人11人、香港人1人、中国人2人、マレーシア人1人とのこと。


また、店内からは合計300万香港ドル(約4,500万円)相当の自家製ゲーミングチップ、さらにパソコン16台が押収された。

今回の摘発は、一般からの電話通報を受け内偵捜査を進めてきた事案だったという。



2015年4月20日

●店名: -
●開業日: -
●住所: -


マカオ司法警察局は2015年4月20日、違法管理売春に関与した疑いで23~49歳の韓国人男性10人と中国本土男性8人を逮捕・送検、売春に関与した24~37歳の韓国人女性25人を司法警察局へ拘束したと発表した。

司法警察局によると、売春グループは韓国から派遣した女性らを複数のミニバンに乗せ、マカオ半島やコタイ地区の大型カジノリゾート施設周辺で男性客を勧誘、ホテルで性的サービスを提供させていたという。

また、中国人男性には1回2,000香港ドル(約30,000円)の報酬で客引きをさせていたとみられている。


そのため警察局は、2015年2月頃から売春グループの捜査を進めるとともに、韓国側に容疑者の身元確認を要請していた。

売春グループが違法に得ていた売上は300万香港ドル(約4,500万円)以上あったとのこと。



2015年2月5日

●店名: -
●開業日: -
●住所: 黒沙環地区


マカオ司法警察局は2015年2月5日、違法なスポーツ賭博サイトを運営していた疑いで韓国人の男性3人を現行犯逮捕した。

マカオ司法警察局によると、男性ら3人はマカオ半島北部・黒沙環地区にあるマンション内のパソコンで、客にサッカーやバスケットボールなどの試合を対象としたスポーツベッティングをさせて手数料(コミッション)を得ていた疑いがもたれている。

同店では約3ヶ月の間に、100人ほどの客から700万香港ドル(約1億600万円)の賭け金を集めており、ほとんどの客が韓国人だったとのこと。


これを受けてマカオ司法警察局では、国際刑事警察機構(インターポール)を通じて韓国警察当局と連絡を取り、韓国国内の協力者の有無などの捜査を行っているという。

なお、マカオでは無認可のスポーツ賭博店を経営する行為は違法になり、最高刑罰として懲役3年、またはそれに相当する罰金刑が規定されている。


※ 写真出典元:澳門司法警察局


★裏カジノ店とは?
裏カジノ店の詳細に戻る

関連記事

4月のおすすめカジノ&ポーカーバー

  1. THE RIVER Kyoto Gion 概要 2013年12月にオープンした、須佐神を祀る京都…
  2. Jack & Queen 概要 2014年7月オープンの大阪・難波にある日本一ランドカジノの雰囲…
  3. AAA's大宮 概要 2015年12月にオープンした埼玉県の大宮にあるレストラン&カジノバー。 …
  4. ブラフバー(BLUFF BAR) 概要 2009年オープンの大阪初の本格的ポーカーバー。ビル4F…
  5. Hurly Burly 概要 大阪・北堀江にあるカジノバー。 本格的なドリンク&フードを堪…

日本カジノ参入企業

  1. シーザーズエンターテインメント(ラスベガス)

    シーザーズ・エンターテインメント(Caesars Entertainment) 概要 1937年…
  2. カジノオーストリアインターナショナル(CAI)

    カジノオーストリアインターナショナル(CAI) 概要 「カジノ・オーストリア・インターナショナル…
  3. ゲンティングループ(Genting Group)

    ゲンティン・グループ(Genting Group) 概要 1964年に林梧桐により設立されたゲン…
  4. パラダイスインターナショナル(韓国)

    パラダイス・インターナショナル(Paradise International Co Ltd) 概要…
  5. ギャラクシーエンターテインメントマカオ(Galaxy Entertainment)

    ギャラクシー・エンターテインメント(Galaxy Entertainment Group Limit…
  6. ザスターエンターテインメントグループ(The Star Entertainment Group)

    ザ・スター・エンターテインメント・グループ(The Star Entertainment Group…
ページ上部へ戻る