新横浜裏カジノ店の摘発ニュース

2016年10月5日

●店名: タイガー
●開業日: 2015年12月
●住所: 神奈川県横浜市港北区新横浜2丁目


神奈川県警生活保安課と港北署は10月5日、賭博開帳図利の疑いで横浜市港北区新横浜2丁目のカジノ賭博店「タイガー」責任者・岸清治容疑者(51)と韓国籍の従業員(57)ら3人を現行犯逮捕した。


警察によると、容疑者ら4人は2015年12月から雑居ビル7階で賭博場を開き、客にバカラをさせて手数料(コミッション)を得ていた疑いがもたれている。

また、1日当たり30~40人の客が来店し、これまで約10億円の売り上げを上げていたとみて詳しく調べている。


神奈川県警が家宅捜索に入った際、約130平方メートルの店内には関係者や客ら28人がおり、現金約400万円とバカラテーブル6台、トランプ・チップなどが押収された。



2014年5月1日

●店名: セブン
●開業日: 2014年2月
●住所: 神奈川県横浜市港北区新横浜2丁目


2014年5月1日、神奈川県横浜市の都筑・港北署は、賭博開帳図利の疑いでカジノ賭博店「セブン」の経営者男性(59)と店長の男(44)を現行犯逮捕した。

警察によると、経営者男性は同日午前10時ごろ、店内で40歳と57歳の男性客2人にバカラをさせて手数料(コミッション)を得ていた疑いがもたれている。

また、店長の男ら2人はディーラーとして賭博に加担していたとされる。


雑居ビル7階に入る床面積約100坪の店内からは、賭博に使われたとみられるバカラテーブル1台と現金約125万円が押収され、5人全員が容疑を認めているという。


なお、店の入り口には鉄製二重扉と数台の監視カメラが完備され、店内には1日平均10人が来店、これまで約2,000万円の売り上げを上げていた。


※ 写真出典元:カジノジャパンVol.13,2006


★裏カジノ店とは?
裏カジノ店の詳細に戻る

関連記事

12月のおすすめカジノ&ポーカーバー

  1. ガットショット(Gutshot) 概要 2015年9月1日、東京・湯島にオープンしたアミューズメ…
  2. Jack & Queen 概要 2014年7月オープンの大阪・難波にある日本一ランドカジノの雰囲…
  3. THE RIVER Kyoto Gion 概要 2013年12月にオープンした、須佐神を祀る京都…
  4. Nuts Bar アメ村 概要 観光地として有名な大阪ミナミ「アメ村」(西心斎橋)唯一の老舗ポー…
  5. CASINO VENUS 概要 海外カジノゲームを模擬体験できる、東京お台場のショッピング&レス…

日本カジノ外資企業

  1. ゲンティングループ(Genting Group)

    ゲンティン・グループ(Genting Group) 概要 1964年に林梧桐により設立されたゲン…
  2. SJMホールディングスマカオ(SJM Holdings)

    SJMホールディングス(SJM Holdings) 概要 「マカオのカジノ王」と名高いスタンレー…
  3. MGMリゾーツインターナショナル(ラスベガス)

    MGMリゾーツ・インターナショナル(MGM Resorts International) 概要 …
  4. パラダイスインターナショナル(韓国)

    パラダイス・インターナショナル(Paradise International Co Ltd) 概要…
  5. ブルームベリーリゾーツ(Bloomberry Resorts)

    ブルームベリー・リゾーツ(Bloomberry Resorts) 概要 2013年に設立された、…
  6. モンテカルロSBM(Monte-Carlo SBM)

    モンテカルロ・ソシエテ・デ・バン・ド・メール(Monte-Carlo SBM) 概要 モンテカル…
ページ上部へ戻る