日本カジノゲームの確率論の考え方

日本カジノゲームの確率論の考え方

横浜カジノのゲームで勝つために持っておきたい知識として、「大数の法則」と「ギャンブラーの誤謬」があります。「大数の法則」とは、プレイヤーがカジノゲームを数千回~数万回単位で多くの試行回数プレイすることにより、ゲーム結果がもともと設定されているハウスエッジ(控除率)通りの結果に近づいていくことを指す法則のことです。各カジノゲームにはそれぞれハウスエッジ(控除率)が設定されており、これはいわゆるカジノ胴元側がプレイヤーから徴収していく場代のようなもので、「大数の法則」が働くことによってプレイヤーは最終的にカジノゲームで負けるようになっているのです。



大数の法則」が働いた状態の具体的な数字としては、バカラのプレイを1,000回繰り返した場合は約32パーセントがゲームを黒字で終了することになり、10,000回繰り返した場合は約8パーセントのプレイヤーがバカラで利益を得た状態でゲームを終えることができます。同じようにアメリカンルーレットでは、1,000回のプレイで約4パーセント、10,000回のプレイで約0.01パーセントが黒字収支でゲームを終え、試行回数が多ければ多いほどプレイヤーが赤字でゲームを終える割合が増えていくことになります。



また「ギャンブラーの誤謬」とは、例えば100円玉を投げて表と裏のどちらが出るかを予想するゲームを行ったとして、10回連続で表が出ていたとします。すると、11回目はそろそろ裏が出るだろうと安易に考えてしまいがちですが、実際にはコイン投げは1回1回が連続したゲームではなく、前の結果に影響されない独立事象で決まるゲームなので、次のゲームも表か裏が出現する確率はどちらも1/2となります。つまり、11回連続で裏が出る確率も1/2あることになるのです。



このように、横浜カジノのゲームで勝つためには「大数の法則」と「ギャンブラーの誤謬」といった確率論の考え方が重要になり、とくにプレイヤーとしては確率上生じる2つの働きを封じるような賭け方を行っていかないかぎりカジノゲームで勝つことが難しいと言えると思います。そして、これらの影響を受けないようにベットする手法として推奨される方法が、1回の勝負をできるだけ短期間で終わらせることや、1ベットごとに賭け金額を変化させること、バカラなどで赤のバンカー側の勝利が連続して続いても、次に勝つのが黒か赤かは五分五分であることを知ることなどとなります。

関連記事

1月のおすすめカジノ&ポーカーバー

  1. ( ※「AKIBA GUILD」の口コミ・情報提供はコチラ ≫ ) アキバギルド(AKIBA …
  2. ( ※「Arekey」の口コミ・情報提供はコチラ ≫ ) Dining Bar Arekey …
  3. ( ※「Nagoya Guild Casino」の口コミ・情報提供はコチラ ≫ ) ナゴヤギル…
  4. ( ※「POKER CLUB M」の口コミ・情報提供はコチラ ≫ ) POKER CLUB M…
  5. ( ※「ALL IN」の口コミ・情報提供はコチラ ≫ ) 梅田カジノバー「ALL IN」 概…

日本カジノIR参入企業

  1. ゲンティングループ(Genting Group)

    ゲンティン・グループ(Genting Group) 概要 1964年に林梧桐により設立されたゲン…
  2. ブルームベリーリゾーツ(Bloomberry Resorts)

    ブルームベリー・リゾーツ(Bloomberry Resorts) 概要 2013年に設立された、…
  3. MGMリゾーツインターナショナル(ラスベガス/大阪/日本)

    MGMリゾーツ・インターナショナル(MGM Resorts International) 概要 …
  4. ラッシュストリートゲーミング(Rush Street Gaming)

    ラッシュストリートゲーミング(Rush Street Gaming) 概要 ラッシュストリートゲ…
  5. クレアベストグループ(Clairvest Group)

    クレアベストグループ(Clairvest Group) 概要 クレアベストグループ(Clairv…
  6. シーザーズエンターテインメント(ラスベガス)

    シーザーズ・エンターテインメント(Caesars Entertainment) 概要 1937年…
ページ上部へ戻る