目次

1. 2020年のカジノニュース速報
2. 2020年の展望



2020年のカジノニュース速報(最新順)

カジノ管理委が初会合 委員長「国民の信頼築く」

時事通信-1月10日(金)


カジノを含む統合型リゾート(IR)の整備をめぐり、関連事業者の規制・監督を担うカジノ管理委員会の初会合が10日、開かれた。


会議は非公開で行われ、元福岡高検検事長の北村道夫委員長と委員4人が出席。管理委の運営に関する内部規則を審議した。今後、事業者を規制する規則の策定などに取り組む。


北村委員長は会合後の就任会見で「委員、事務局が一丸となってカジノ事業に係る国民の信頼をしっかりと築けるよう身を引き締めて業務に励む」とあいさつ。ギャンブル依存症や治安悪化などの懸念に適切に対応する姿勢を強調した。



ギャンブル依存症治療、保険適用の方針 IR設置が背景

朝日新聞-1月10日(金)


政府が進めるカジノを含む統合型リゾート(IR)の設置をめぐり、厚生労働省は10日の中央社会保険医療協議会(厚労相の諮問機関)で、ギャンブル依存症の治療を今年4月から公的医療保険の適用対象とする方針を示した。依存症の人たちがグループで経験を語り合うことで、依存症からの脱却につなげる集団治療などが想定されている。


政府のギャンブル等依存症対策推進基本計画では、今年度に依存症治療への保険適用の是非を検討して、来年度から全都道府県と政令指定市に治療拠点を整備するとしている。ただ、自己責任でやるギャンブルの依存症治療に、公費や保険料などでまかなう公的保険を適用することへの批判もある。



立民など主要野党、IR廃止法案の提出確認

産経新聞-1月8日(水)


立憲民主、国民民主、共産など主要野党は8日午前、国会内で国対委員長会談を開き、カジノを含む統合型リゾート施設(IR)事業をめぐる汚職事件を受け、通常国会が召集される予定の20日にIR実施法の廃止法案を共同提出する方針を確認した。



]立民の安住淳国対委員長は会談後、記者団に「カジノが日本にとって本当に必要なのかを根本から問うていきたい。事件、疑獄として追及すると同時に、そもそも論に立ち返ってカジノを正面に据えた論戦を国会で挑む」と述べた。


安住氏はIR誘致に不安を抱く地域住民らとの連携を深め、反対運動の機運を高めたいとした上で「いずれある衆院選ではカジノが是か非かを国民に判断してもらうような運動にしていきたい」とも語った。



カジノ管理委員会を設置 事業者を監督、問われる実効性

朝日新聞-1月7日(火)


政府は7日、統合型リゾート(IR)内のカジノを管理・監督するカジノ管理委員会を内閣府の外局として設置した。IR事業を巡る汚職事件が発覚してイメージが悪化し、反対の声も根強いが、政府は着々と開業にむけた手続きを進めている。


委員長には元福岡高検検事長の北村道夫氏、委員には元名古屋国税局長の氏兼裕之氏、精神科医の渡路子氏、慶大院特任教授の遠藤典子氏、元警視総監の樋口建史氏の4人が就いた。国家公安委員会や公正取引委員会と同様、独立した強い権限をもつ。近く第1回会合を開く予定という。



≫ 目次に戻る




2020年の展望

政府は、2020年代半ば(2025~2026年頃)のIR開業を目指していますが、2020年の主な動きとして「基本方針」の策定があります。2020年2月に策定・公表が予定されている「基本方針」は、「IR実施法」と「施行令」を補完する位置づけの規則となっており、IRの部分開業を検討している自治体に対して、部分開業の時点から国際会議場は6,000人規模で展示場は60,000平方メートルといった収容人数や面積の規則を守らなければ、カジノ営業をスタートできないことが明記される予定です。



また、IR開業までの今後の流れについては、上記のように2020年春頃までに政府がR整備地域を決める際の審査基準などを盛り込んだ基本方針を決定して、その後IR誘致を目指す自治体が事業者と共同で整備計画をまとめて国に申請、国土交通相が最大3ヵ所を整備地域として認定、そしてカジノ管理委員会により事業者の適格性が審査されてカジノ運営ライセンス(免許)が付与されるという計画となっています。



2018年7月に国会で可決された「IR実施法」と「施行令」では、IR施設の条件として、カジノのほかに国際会議場と展示場、ホテル、観光案内施設、日本文化の魅力を伝える施設の計6施設が必要と定められているほか、カジノの面積をIR全体の3%以下とすることなど、IRの建設・運営の細則が定められているので、この規定に沿った形でもIR誘致先や事業者選定が行われる見込みです。



カジノリゾート開業への工程表

1.IR推進法案を国会へ提出し、成立させる。(2016年12月15日成立
 
2.IR推進法制定後、政府内に組織を作り、IR実施法の枠組みを議論して詰める。(1年以内
 
3.IR実施法案を国会に上程し、成立させる。(2018年7月20日成立
 
4.国の規制機関を設け、体制を整える。
・観光庁にIR整備に向けた国際観光部を設置(2019年7月
カジノ管理委員会の設置(2020年1月
主務大臣による基本方針の策定・公表(2020年2月
 ‐事業者からの提案募集
 ‐協議会での協議
 ‐立地市町村との協議
実施方針の策定・公表(都道府県など)
 ‐協議会での協議
 ‐立地市町村との協議
IR事業者の公募・選定(都道府県など)
 ‐区域整備計画案の作成
 ‐公聴会などの開催
 ‐協議会での協議
 ‐立地市町村との協議
 ‐都道府県など議会の議決
 
5.国が地方公共団体の申請を受け、特定複合観光施設(IR)区域を指定する。(3地域
区域整備計画の認定申請(都道府県など/IR事業者)
 ‐認定審査
 ‐IR推進本部の意見
区域整備計画の認定・公示(主務大臣)
 ‐主務大臣の認可
実施協定の締結(都道府県など/IR事業者)
 
6.指定を受けた地方公共団体が開発を担う民間事業者を選定する。
 
7.開発を担う民間事業者がカジノの免許(ライセンス)を申請し、取得する。
カジノ免許申請(IR事業者)
 ‐厳格な免許審査
カジノ免許付与(カジノ管理委員会)
 
8.民間事業者が運営の体制を具備し、カジノリゾート運営を開始する。(2024~2025年頃
・IR開業(IR事業者)

参考出典元:カジノジャパンVol.27,2013



★日本カジノの候補地一覧
≫ 日本カジノの予定地・誘致場所はどこ?


≫ 目次に戻る

関連記事

1月のおすすめカジノ&ポーカーバー

  1. ( ※「+2」の口コミ・情報提供はコチラ ≫ ) +2(PLUS TWO) 概要 大阪北堀…
  2. ( ※「Ritz」の口コミ・情報提供はコチラ ≫ ) メイドカジノ・Ritz(リッツ) 概要…
  3. ( ※「HIGE GORILLA」の口コミ・情報提供はコチラ ≫ ) HIGE GORILLA…
  4. ( ※「CASINO VENUS」の口コミ・情報提供はコチラ ≫ ) CASINO VENUS…
  5. ( ※「ALL IN」の口コミ・情報提供はコチラ ≫ ) 梅田カジノバー「ALL IN」 概…

日本カジノIR参入企業

  1. シーザーズエンターテインメント(ラスベガス)

    シーザーズ・エンターテインメント(Caesars Entertainment) 概要 1937年…
  2. パラダイスインターナショナル(韓国)

    パラダイス・インターナショナル(Paradise International Co Ltd) 概要…
  3. SJMホールディングスマカオ(SJM Holdings)

    SJMホールディングス(SJM Holdings) 概要 「マカオのカジノ王」と名高いスタンレー…
  4. カジノオーストリアインターナショナル(CAI)

    カジノオーストリアインターナショナル(CAI) 概要 「カジノ・オーストリア・インターナショナル…
  5. ゲンティングループ(Genting Group)

    ゲンティン・グループ(Genting Group) 概要 1964年に林梧桐により設立されたゲン…
  6. ルシアンバリエール(Groupe Lucien Barrière)

    ルシアン・バリエール(Groupe Lucien Barrière) 概要 バリエール(Barr…
ページ上部へ戻る