裏カジノで大損大負けして失敗&後悔しない6つの方法

闇カジノで大損・大負けを防ぐ6つの方法(ネットカジノを含む)

1.数字を信じない

博奕・ギャンブルではある程度数字を理解する必要がありますが、数字だけを信じていると必ず負けてしまいます。

実際、国際博奕打ちギャンブラー兼作家の森巣博氏がこれまで知り合ったプロギャンブラーの中で、数字を信じて生き残っている人はいないそうです。


カジノで勝つためには、どこかで数字を無視して大きく勝負に出られるかどうかが大切で、これが勝敗の分かれ目になってくると言います。

リスクを負わないことが最大のリスク」なのです。



2.勝ち逃げする

カジノゲームで勝つためには、いわゆる株式投資・トレードで言う「損切り」をどうやるか、つまりいつ席を立つかが大切です。


バカラのように勝敗確率約50%のゲームを続けていれば、勝ったり負けたりを繰り返します。

そのため、勝っている時、あるいは負け金額が少ないうちにゲームを切り上げ、欲望を抑えることができるかが勝敗の分かれ目になります。


カジノは投資の極意と同じで、1回1回の勝負に関係なく、勝ったり負けたりしながらもトータルで勝っていれば良いゲームなのです。



3.負けを取り返さない

カジノゲームには、目に見えない勝敗の流れがあります。


3日間も連続で負けてるんだから、そろそろ勝てそうな気がする・・・


人間は必要以上に熱くなると周りが見えなくなり、自分の都合の良い解釈をしがちになります。

冷静な方なら、そんなに調子が悪かったら今日も負けるかもしれないと想像しませんか?



たとえば3打席連続で三振している野球選手を、4打席目もバッターボックスに立たせようなんて監督は考えません。

そのため、そんな状況に陥ったときは、さらに深い傷を負わないうちに早めにゲームを辞めた方が賢い選択と言えるでしょう。


負けたことへの悔しさを忘れずにマイナスを取り返そうとは思わないことが大切です。



4.負けている連中の裏目を張る

海外の本場カジノVIPルームには面白い現象があり、株価が急落して株式市場が混乱すると焼けくそになった業界人たちがVIPルームに押し寄せ、カジノフロアがにぎわいます。

そして、彼らのように焦っている連中の裏目を張って賭けると面白いように勝つことができると、日本を代表するギャンブラー・森巣博氏は言います。


心に焦りがある状態では、なぜかギャンブルで勝つことができません。



5.資金管理法を覚える

カジノには、ブラックジャック・ルーレット・ポーカー・クラップス(大小)・スロットマシーンなど様々なゲームがありますが、その中でも「バカラ」は突出した人気をほこります。


「バカラ」は、宝くじ・ロト・パチンコ・競馬など地球上に数多とあるギャンブルや、デイトレード・スイングトレードのような短期投資などよりもケタ違いに勝率が高く、さらに長期株式投資や不動産投資のように資金がわずかしか増えないもどかしさを感じることもない、まさに世界最強の賭け事

とくにアジアの富裕層セレブたちは、たった1ゲームで資金を2倍にできる「バカラ」に魅力を感じ、本場カジノのVIPルームにこぞって来店、1ゲーム数千万円~数億円もの大金を賭けて遊んでいたりするのです。


勝てば資金が大きく増加し、負ければ多額の資金を失うという「ハイリスク×ハイリターン」な要素が、有名芸能人やプロスポーツ選手、ビジネスや投資で大きく成功した事業家など、多くのお金持ちたちの心をつかんでいるのでしょう。



さてそんな「バカラ」では、大きく負けているプレイヤーがいる一方で、トータルで勝ち続けているプレイヤーもいます。

そして、勝者と敗者を分けている要素の一つに「資金管理がうまくできているか?」ということが挙げられます。


バカラで収支プラスを出しているプレイヤーは、決まって資金管理が上手です。

とくに「マーチンゲール法」「グランバーレー法」など、数学的マネーマネジメント手法を駆使しているケースが多いのです。


★バカラの資金管理法とは?
≫ 詳細はコチラ



6.ネットカジノの無料プレイで練習する

ネットカジノ」(オンラインカジノ)は、近年日本でも徐々に浸透しつつある、インターネット上でカジノギャンブルを楽しむゲームです。

ヨーロッパやアメリカ(カジノ合法州)では生活に根付いているほど一般的なギャンブルで、20~30代を中心に流行していることから、今やラスベガスやマカオなどの本場カジノに匹敵するほどの市場であるとも言われています。


そして、このゲームの最大の魅力は、本場カジノと全く同じように「リアルマネー」(現金)を賭けたカジノゲームを楽しめること。


ただ問題なのは、日本ではネットカジノに関する法律が整備されていないことから、現状合法でも違法でもない「グレーゾーン」のゲームである点です。


★ネットカジノは違法なのか?
≫ 闇カジノとネットカジノの違い



とはいえ、日本の法律に完全に抵触してしまう裏カジノ(闇カジノ)とは異なり、日本に居ながらカジノゲームをプレイしても、今のところ逮捕される可能性は極めて低いでしょう。
※ ただしネットカジノ店舗でプレイすると違法


また「無料プレイ」で楽しむ分には、スマホアプリのカジノゲームで遊んでいるのと何ら変わらないため、カジノゲームで負けないための練習台として使えるのではないでしょうか。

関連記事

11月のおすすめカジノ&ポーカーバー

  1. メイドカジノ・Ritz(リッツ) 概要 2014年9月9日オープンの名古屋初メイドカジノカフェ。…
  2. アキバギルド(AKIBA GUILD) 概要 2007年にオープンした東京秋葉原の有名カジノバー…
  3. THE RIVER Kyoto Gion 概要 2013年12月にオープンした、須佐神を祀る京都…
  4. Dining Bar Arekey 概要 兵庫県西宮市にあるアジアリゾート風カジノバー「Dini…
  5. Bond 府中 概要 ものまねショーもやっている、府中のエンターテイメントレストランと言ったら「…

日本カジノIR参入企業

  1. パラダイスインターナショナル(韓国)

    パラダイス・インターナショナル(Paradise International Co Ltd) 概要…
  2. MGMリゾーツインターナショナル(ラスベガス/大阪/日本)

    MGMリゾーツ・インターナショナル(MGM Resorts International) 概要 …
  3. メルコリゾーツ&エンターテインメント(香港/マカオ/日本)

    旧メルコクラウン・エンターテインメント(Melco Crown Entertainment) 概要…
  4. ザスターエンターテインメントグループ(The Star Entertainment Group)

    ザ・スター・エンターテインメント・グループ(The Star Entertainment Group…
  5. カジノオーストリアインターナショナル(CAI)

    カジノオーストリアインターナショナル(CAI) 概要 「カジノ・オーストリア・インターナショナル…
  6. ウィンリゾーツ(ラスベガス/マカオ)

    ウィン・リゾーツ(Wynn Resorts) 概要 1980年代に設立された、アメリカネバダ州ラ…
ページ上部へ戻る