目次

1. 2020年の和歌山カジノIRニュース速報
2. 2019年の和歌山カジノIRニュース速報
3. 2018年の和歌山カジノIRニュース速報
4. 2017年の和歌山カジノIRニュース速報
5. 2016年までの総括



2020年の和歌山カジノIRニュース速報(最新情報順)

* 和歌山カジノの開業日程と場所の詳細はコチラ
和歌山カジノはいつどこにできるのか?



IR参入目指し和歌山に拠点 マカオの事業者

紀伊民放-9月10日(木)


和歌山県が誘致に取り組む「カジノを含む統合型リゾート施設(IR)」の運営事業への参入を目指すIR事業者が、和歌山市内に活動拠点となる和歌山事務所を開設した。11日から一般に開放する。



事務所を設けたのは、マカオを中心に、IR事業などを手掛ける「サンシティ・グループ」の日本法人。事務所は和歌山市の南海電鉄「和歌山大学前駅」に直結するビル内にあり、大学生を含め地元の人に、自由に立ち寄れる場所として開放する。同社が目指す和歌山IRの施設の模型を設置し、説明動画を流す。カフェやイベントスペースも利用できる。担当者は「地元の人に活用いただくことで、和歌山のIR事業やサンシティグループを知ってほしい」と話している。



同社は9日、事務所を報道関係者に事前公開。グループの周焯華最高経営責任者は「和歌山の歴史、自然、文化を融合させたIRを一緒につくり、世界が目標とする聖地にしたい」とメッセージを寄せた。



和歌山のIR事業公募1カ月半延期 選定は来年1月か 新型コロナ影響

毎日新聞-6月1日(月)


和歌山県は1日、カジノを含む統合型リゾート(IR)に応募した事業者に課している提案書類の期限を8月31日から10月19日に延期すると発表した。事業者の選定も11月中旬から2021年1月ごろに延びる。新型コロナウイルスの感染拡大による移動自粛の影響を考慮した。


県の誘致には、カナダのIR投資会社のグループ会社「クレアベスト・グループ」の日本法人「クレアベストニームベンチャーズ」(東京都)と、カジノ関連事業を営む香港のグループ会社「サンシティ・グループ」の日本法人「サンシティグループホールディングスジャパン」(同)の2社が応募。いずれも5月に書類審査を通過していた。県の担当者は「より良い計画を作ってもらうために延期を決めた。国の認定スケジュールが変わらない限り、これ以上の遅れは厳しい」と話した。



外資2社から応募 和歌山県のIR事業

紀伊民放-5月2日(土)


和歌山県は1日、和歌山市への誘致を目指している「カジノを含む統合型リゾート施設」(IR)を運営する事業者の公募に2社の応募があったと発表した。2社は、カナダ・トロントに本社があり、カナダや米国などのIRなどに投資している「クレアベスト・グループ」の日本法人「クレアベストニームベンチャーズ」(東京都品川区)と、マカオやロシアなどでカジノ関連事業を運営している「サンシティ・グループ」の日本法人「サンシティグループホールディングスジャパン」(東京都港区)。



県は3月下旬から4月末まで運営事業者の参加資格審査書類を受け付けていた。これから参加資格審査をし、通過した事業者には、8月末までに提案審査書類を提出してもらい、11月中旬に優先権者を選定する予定という。



和歌山県、IR事業者の公募開始

産経新聞-3月30日(月)


和歌山県は30日、カジノを含む統合型リゾート施設(IR)の事業者の公募・選定手続きを開始すると発表した。事業者の提案書類の提出期限は8月末。有識者らでつくる選定委員会で審査し、11月中旬ごろ事業者を決める。2025年大阪・関西万博開幕直前の令和7年春ごろの開業を予定している。



誘致先は、和歌山市の人工島「和歌山マリーナシティ」の23.61ヘクタール。日本遺産・和歌浦の豊かな自然を生かした「リゾート型IR」を目指す。県では、入金に上限額のある「IRカード」を導入するなど独自のギャンブル依存症対策を計画。近い将来起こるとされる南海トラフ巨大地震対策として、津波被害による死者ゼロを目指す運営を事業者側に要請していく。和歌山県のIRには、これまでにフランスフィリピン、香港の計3社が参入に意欲をみせている。



和歌山のIR、戦略は“共存共栄”も…大阪府市は懐疑的

産経新聞-2月20日(木)


カジノを含む統合型リゾート施設(IR)の誘致を目指す和歌山県が20日、豊かな自然と観光資源を活用した「リゾート型」を打ち出したIRの実施方針案を公表した。背景にあるのは「実現が確定的」(仁坂吉伸知事)とされる大阪府市のIRと競合せず、“共存共栄”していこうという戦略だ。ただ、大阪府市は隣接する2つのIRの併存に懐疑的な姿勢を見せている。



昨年11月の実施方針案で「世界最高水準の成長型IR」を掲げた大阪府市。これに対し、和歌山県は今回、日本遺産に指定された和歌浦湾に面する豊かな自然を生かした海洋リゾートが体験できる魅力をアピールした。さらに近畿2府4県だけでなく、県南部や三重県の伊勢湾、四国方面にも送り出す「観光街道」を形成することで、大阪府市のIRとともに歩みを進めていく構想を思い描く。



大阪・関西万博開幕前の開業を危ぶむ声もある大阪府市に対し、和歌山は万博開幕直前の令和7年3月末に設定している。誘致先とする和歌山市の人工島「和歌山マリーナシティ」は、すでに造成済みで、電気やガス、上下水道など基本的な社会基盤も整備されている。県幹部も「国の決定の翌日には建設に取りかかれるぐらい準備は整っている。国内で最も早く開業できる」と自信をみせる。



≫ 目次に戻る




2019年の和歌山カジノIRニュース速報(最新情報順)

* 和歌山カジノの開業日程と場所の詳細はコチラ
和歌山カジノはいつどこにできるのか?



IR予定地、和歌山県が購入計画 価格の変動防ぐねらい

毎日新聞-11月21日(木)


カジノを含む統合型リゾート(IR)の誘致を目指している和歌山県が、整備区域に今後選ばれた場合に限り、建設予定地を約76億円で買い取る合意を地権者と交わしていたことが判明した。IR事業者が県から土地を直接購入できる形を作り、土地価格が流動的になるのを防ぐ狙いがあるという。県は関連する補正予算案を12月の県議会に提出する方針。


県は人工島「和歌山マリーナシティ」(和歌山市毛見)にIRの建設を計画。来年には公募で事業者が決まる見込みで、土地は現在、マリーナシティの管理会社が委託する信託会社が所有している。



和歌山でIRシンポ、事業者3社がプレゼンテーション

産経新聞-8月27日(火)


和歌山県が誘致を目指すカジノを含む統合型リゾート施設(IR)をテーマにしたシンポジウムが26日、和歌山市内のホテルで開かれた。和歌山のIRに参入を予定している事業者のプレゼンテーションには、香港のサンシティグループ、フランスのバリエール、フィリピンのブルームベリーリゾーツの3社が参加。



サンシティグループの歐中安エグゼクティブ・ディレクターは「世界でも例を見ない新しいIRを和歌山で実現する」とし、大型ホテルや展示場に加え、海上タクシー発着場や、県内の観光地を紹介する施設なども挙げて、「エンターテインメントと伝統文化の集積地としてアジア地域の富裕層を確実に誘致する」と説明した。


市内に事務所を開設しているバリエール・ジャポンのジョナタン・ストロック社長は「和歌山の自然に溶け込むたたずまいのIRをめざす」とし、12000人が入れる世界最大級の会議室や2500室のホテルを整備すると表明。


ブルームベリーリゾーツジャパンの桐山満啓副社長は「関西圏で教育、農業、漁業などさまざまなツーリズムを開発し、自治体と協力してさまざまな経済特区を実現する」とアピールした。



和歌山県、IRで有識者会議 知事「成長につながる」

産経新聞-8月7日(水)


和歌山県が誘致を目指すカジノを含む統合型リゾート施設(IR)について専門家から助言を受ける有識者会議(座長・伊藤元重東京大名誉教授)の初会合が6日、和歌山市の県民文化会館で開かれた。財界関係者や弁護士、依存症対策の専門家ら委員8人が出席。仁坂吉伸知事は「IRは県の成長につながる」として活発な議論を促した。


県は、和歌山市の人工島「和歌山マリーナシティ」へのIR誘致を目指している。



和歌山IRに仏事業者が名乗り ジャン・レノ氏もPR

産経新聞-5月14日(火)


和歌山県が誘致を目指す、カジノを含む統合型リゾート施設(IR)に、フランスを代表するIR事業者「グループ・ルシアン・バリエール」が14日、名乗りを上げた。和歌山市内で会見し、日本で初の事務所を同市内に開設したことも明らかにした。


会見には、副社長のアレクサンドル・バリエール氏や日本支社長のジョナタン・ストロック氏のほか、公式ブランド大使を務める仏俳優のジャン・レノ氏が出席し、PRした。



「経済効果は絶大」と説明 IR誘致で和歌山県

紀伊民報-4月10日(水)


和歌山県は9日、誘致を目指す、カジノを含む統合型リゾート施設(IR)の説明会を田辺市新屋敷町の紀南文化会館で開いた。「IRは県の成長戦略のとっておきのメニューの一つ。経済波及効果は絶大」と誘致理由を説明。IRを活用した地域振興策を示した。


説明会は県内7カ所で開催している。この日は県の横山達伸企画政策局長がIRの経済効果や海外の事例を紹介。行政や商工業の関係者ら約100人が参加した。



県が目指すIRは、施設を起点に世界遺産の熊野古道や温泉、マリンレジャーなど多様な観光資源に観光客を送り出すリゾート型。ビジネス客を中心とした都市型と性格が異なる。


県の構想では、カジノ施設入場時にIRカードを作成。現金をチャージしてプレイする。プレイ額に応じてポイントが付与され、IR外の商店街や観光地で活用できる仕組みをつくる。IRを設置するのは民間事業者だが、参入に興味を示す事業者はいずれも仕組みの導入に賛同しているという。



IR誘致で説明会 和歌山県、田辺市など7ヵ所

産経新聞-3月13日(水)


和歌山県は、和歌山市への誘致を目指す「カジノを含む統合型リゾート施設」(IR)についての説明会を、3月から5月にかけて、県内7カ所で開く。県民であれば誰でも参加できる。IR誘致の取り組みを県民に理解してもらうことが目的。


紀南では、田辺市新屋敷町の紀南文化会館小ホールで4月9日午後2時から、新宮市緑ケ丘2丁目の東牟婁振興局大会議室で5月8日午後2時から開く。



県の企画政策局長が、昨年10月に策定した「県IR基本構想(改訂版)」を基に、IRの概要、海外の事例、経済効果やギャンブル依存症への対策などを説明する。その後、質疑応答を受け付ける。時間は1時間半程度を予定している。



和歌山県IR2024年度目指す 予算2億超円計上へ

産経新聞-1月25日(金)


カジノを含む統合型リゾート施設(IR)の誘致を表明している和歌山県が、IRの2024年度開業を目指す方針を固めたことが24日、分かった。すでに同年度の開業を目指すとしている大阪府・市との相乗効果を期待しており、県は来年度予算案に2億円超の関連予算を計上する方針。


関係者によると、関連予算には、誘致するIR事業者の実績や資金面を調べる業務の外部委託費などが含まれる。



県は近く、開業に向けたスケジュールを表明する見通し。政府は今年夏以降、IR整備の基本方針を公表する予定。公表後、県は速やかに実施方針を策定し、事業者選定の手続きに着手する。


県の基本構想では、IRが2つあるシンガポールを例に挙げ、大阪と和歌山にIRができれば観光客が両府県を回遊し、相乗効果が生まれると強調。和歌山のIRには年約400万人が来場し、経済波及効果は約3,000億円と試算している。



≫ 目次に戻る




2018年の和歌山カジノIRニュース速報(最新情報順)

* 和歌山カジノの開業日程と場所の詳細はコチラ
和歌山カジノはいつどこにできるのか?



カジノ誘致も、仁坂吉伸氏4選…和歌山県知事選

読売新聞-11月25日(日)


和歌山県知事選は25日、投開票され、現職の仁坂吉伸氏(68)(無所属)が、新人で市民団体「市民オンブズマンわかやま」事務局長の畑中正好氏(66)(無所属=共産推薦)を破り、4選を決めた。投票率は38.33%(前回39.65%)だった。



仁坂氏は、自民、国民民主、公明、社民各党の県組織から推薦を受け、高速道路整備など3期12年の実績を強調。カジノを含む統合型リゾート(IR)誘致を目指すなど産業振興策を掲げた。


畑中氏はIR誘致反対を中心に据えて訴えたが、及ばなかった。



<和歌山県知事選>現職の仁坂氏と新人の畑中氏が立候補

毎日新聞-11月8日(木)


任期満了に伴う和歌山県知事選が8日告示され、4選を目指す現職の仁坂吉伸氏(68)と、市民オンブズマンわかやま事務局長で新人の畑中正好氏(66)=共産推薦=の無所属2人が立候補を届け出た。


2014年の前回選と同じく、非共産相乗りの仁坂氏に畑中氏が挑む一騎打ち。投開票は25日。



仁坂氏は自民、国民民主、公明、社民各党の県組織の推薦を受け、人口減少対策や防災体制の強化など3期12年の実績をアピール。畑中氏は、県が和歌山市への誘致を進めるカジノを含む統合型リゾート(IR)への反対を前面に出し、県政の転換を訴えている。



和歌山県、IR候補地・マリーナシティ-関空 海上交通整備へ

紀伊民報-9月17日(月)


カジノを含む統合型リゾート施設(IR)の誘致を掲げる和歌山県が、立地計画を進める人工島の和歌山マリーナシティ(和歌山市)と関西国際空港(大阪府泉佐野市)を結ぶ海上交通網の整備を検討していることが16日、分かった。



同県は今夏、マリーナシティでの事業に意欲を示すIR海外事業者などに開業に向けてのアイデアを募集した。この中で、関空からの海上アクセスを強化する提案が事業者からあり、県も本格的に検討していくことを決めた。


県関係者によると、関空とマリーナシティを直接結ぶ高速艇やフェリーを導入し利便性を高めることで、IR内のホテル利用客だけでなく関空に降り立つ外国人観光客の獲得を図る。



畑中氏が立候補表明 和歌山県知事選、大江氏は不出馬

紀伊民報-9月8日(土)


「市民オンブズマンわかやま」事務局長の畑中正好氏(66)=和歌山県田辺市天神崎=が8日、任期満了に伴う知事選(11月8日告示、25日投開票)に立候補することを表明した。前回選に続く2度目の出馬で、カジノを含む統合型リゾート施設(IR)の誘致反対などを訴える。


一方、出馬を表明していた元参院議員の大江康弘氏(64)は、7日に不出馬を発表した。



畑中氏を擁立したのは、日本共産党県委員会や労働組合、女性団体などでつくる政治団体「ゆたかで住みよい和歌山県をつくる会」。畑中氏は共産党の推薦を受け、無所属で出馬する。



IR誘致へ推進室 和歌山県

紀伊民報-9月6日(木)


和歌山県は4日、カジノを含む統合型リゾート施設(IR)の誘致を推進するため、企画総務課内に「IR推進室」を新設した。


これまでIR誘致は企画総務課が担当していたが、IR整備法の成立を受け、専門部署を設けることにした。8人態勢で室長は企画総務課長が兼務している。



一方、全庁を挙げてIR誘致を推進しようと、7月から県教委や県警も含めた関係20課によるプロジェクトチームを設けて誘致対策などを議論している。


関係8課による「ギャンブル等依存症対策プロジェクトチーム」もつくり、依存症対策の計画策定や施策実施に向けて取り組んでいる。



和歌山市長選、現職・尾花正啓氏が新人破り再選

読売新聞-7月29日(日)


和歌山市長選は29日、投開票され、現職の尾花正啓氏(65)(無所属=自民、国民民主、公明推薦)が、新人で一般社団法人理事長の島久美子氏(62)(無所属=共産、社民推薦)を破り、再選を決めた。投票率は31.56%(前回30.84%)。


尾花氏は、市内への3大学誘致など1期目の実績を強調し、終始安定した戦いを進めた。島氏は、カジノを含む統合型リゾート(IR)の誘致反対などを訴えたが、及ばなかった。



現新2氏の争い=和歌山市長選

時事通信-7月22日(日)


任期満了に伴う和歌山市長選が22日告示され、新人で社団法人理事長の島久美子氏(62)=共産、社民推薦=、現職で再選を目指す尾花正啓氏(65)=自民、国民民主、公明推薦=の無所属2氏が立候補を届け出た。


投開票は29日。和歌山県が同市内で構想を進める、カジノを含む統合型リゾート(IR)誘致の是非が主な争点。



IRについて島氏は「経済的なメリットよりも、依存症など悪影響が大きい」として反対を表明。尾花氏は「経済効果、雇用効果が大きい」として、カジノ利用を外国人に限定して推進する立場を打ち出している。



依存症対策で議論 カジノ誘致でシンポジウム

紀伊民報-5月21日(月)


和歌山県などは19日、「カジノを含む統合型リゾート施設」(IR)の誘致実現を目指し、和歌山市のホテルでシンポジウムを開いた。


政府のIR整備推進会議委員で政治解説者の篠原文也さんは、「地域的バランスは関係ない。(大阪のような)大都市型だけでなく、(和歌山のような)地方リゾート型も両方必要で、配慮して認定すべきだと推進会議で申し上げている」と話し、「大阪と手を組んで、申請する方法もある」とも提案した。



一方で、日本人の依存症対策のために厳しい規制が不可欠と強調。県は、IR実施法案にある入場料や入場回数制限に加え、入金制で上限額が設定できる「IRカード」なども検討している。



カジノ誘致の経済波及効果は約3千億円 和歌山県が基本構想 依存症対策にIRカード導入

産経新聞-5月9日(水)


和歌山市の人工島・和歌山マリーナシティへのカジノを含む統合型リゾート施設(IR)誘致を目指す仁坂吉伸知事は、和歌山でのIRのあり方をまとめた基本構想を発表した。



基本構想では、カジノだけではなく、海外のVIPも宿泊できる高級ホテルや世界規模のスポーツ大会も開催できる全天候型のアリーナ施設の開設が掲げられ、世界遺産・高野山や熊野古道などを生かした「多種多様な観光資源を背景にしたリゾート型IR」を目指すと打ち出した。


マリーナシティにIRを開業した場合の年間の来場者数は約400万人、県内への経済波及効果は約3,000億円と試算。観光業など雇用創出効果は約20,000人と想定した。



また、IR実施法案には事業者がカジノ収益の15%を都道府県などの認定自治体に納付することやカジノへの日本人入場料の半額が自治体の収入になることが盛り込まれたが、これらは福祉や教育の財源として活用するという。


依存症や客の破産リスクの回避に向けた対応策としては、マイナンバーカードで入場回数をチェックする国の規制に加えて県独自の対策を実施。客の使いすぎを防ぐために限度額の設定機能を入れたIRカードを導入したり、カジノに高額をつぎ込む「問題ギャンブラー」に退場を求める依存症対策専門員を配置したりする。



カジノ生かした観光議論 和歌山市内でシンポジウム

紀伊民報-1月15日(月)


和歌山県内への「カジノを含む統合型リゾート施設」(IR)誘致を目指す県や和歌山市、和歌山商工会議所などは15日、同市の県民文化会館でIRについてのシンポジウムを開いた。有識者を招き、地方のIRの必要性や観光振興の在り方などを議論した。


県や市などは、和歌山市のマリーナシティを第1候補地として誘致を目指している。



IRについての考え方を示す「IR推進法」は2016年12月に成立。制度の枠組みとなる「IR実施法」案は22日開会の国会に提案される見込みで、地方に誘致可能な条件になるかが注目されている。



≫ 目次に戻る




2017年の和歌山カジノIRニュース速報(最新情報順)

* 和歌山カジノの開業日程と場所の詳細はコチラ
和歌山カジノはいつどこにできるのか?



IR誘致で推進協 和歌山県

紀伊民報-10月5日(木)


カジノを含む統合型リゾート施設(IR)誘致について協力して進めようと、和歌山県や企業、大学、商工関係団体などが「和歌山IR推進協議会」を設立した(9月29日)。IRによる地元経済への効果などを発信し、県民に理解を促す目的もある。


県や和歌山市、和歌山商工会議所、紀陽銀行、オークワ、淺川組、わかやま農協、近畿大学生物理工学部など13企業・団体で構成。事務局は県企画総務課内に置く。



マリーナシティに一本化 IR誘致の候補地

紀伊民報-5月9日(火)


カジノを含む統合型リゾート施設(IR)の和歌山県内誘致を目指す仁坂吉伸知事は9日の定例記者会見で、候補地を和歌山市の「和歌山マリーナシティ」に絞ってPRする考えを示した。


県はこれまで、IR誘致候補地としてマリーナシティのほか、和歌山市の「コスモパーク加太」、白浜町の旧南紀白浜空港跡地の3カ所を候補地としていたが、業者の関心がマリーナシティに集中したため。


これを踏まえ、県は今後の方向性を示すビジョンを策定予定という。



カジノ誘致に手応え 和歌山県知事

紀伊民報-4月16日(火)


和歌山県の仁坂吉伸知事は16日の定例記者会見で、東京都で開かれたカジノを含む統合型リゾート施設(IR)のフォーラムに出席し、和歌山市の「和歌山マリーナシティ」への誘致PRについて「手応えはあった」と述べた。


フォーラム「ジャパン・ゲーミング・コングレス」にはIR業者や国会議員、有識者らが集まり、仁坂知事と尾花正啓和歌山市長がPR。



仁坂知事は会見で、事業者から「マリーナシティはすぐ造れる、関西空港に近い、リゾート型というところで大変人気だった」との認識を示し、依存症対策として日本人の入場を制限したい考えも明らかにした。



IR誘致、和歌山市長が表明「カジノは外国人専用」

朝日新聞デジタル-2月15日(水)


カジノを含む統合型リゾート(IR)の誘致について、和歌山市の尾花正啓市長は15日の会見で「実現に向けた取り組みを進める」と述べ、市内への誘致に乗り出すことを表明した。


尾花市長は「関西空港に近い利点を生かし、海洋レジャーなど観光資源の多い和歌山型のIRを目指したい」と話した。



一方、1月に実施された市民アンケートでは、治安悪化やギャンブル依存症への懸念から誘致反対が賛成を上回り、多重債務者の救済に取り組む団体から誘致断念の要請書が出されたこともあったため、市長は「カジノ施設は日本人の入場を制限し、外国人専用とする」との考えを示した。



≫ 目次に戻る




2016年までの総括

* 和歌山カジノの開業日程と場所の詳細はコチラ
和歌山カジノはいつどこにできるのか?



和歌山県は、2003年に「地方自治体カジノ研究会」を発足。


2007年には、市町村や経済団体に呼びかけ「カジノ・エンターテイメント研究会」も発足し、田辺市や白浜町、串本町など11市町と田辺商工会議所などの経済団体が加入。



さらに2015年5月、和歌山市が誘致検討に向けた職員のプロジェクトチームを設置しましたが、2011年以降の活動実績はなく、長い間停滞期をたどってきました。


しかし2016年12月、IR整備推進法案の修正案が衆議院で可決・成立したことに連動し、仁坂吉伸知事がIR誘致に意欲を示したことで、一躍日本のIR施設の候補地として注目されることに。



2016年12月に公表された県長期総合計画の「原案」では、IR誘致場所は県内3ヵ所に絞られており、和歌山市の「和歌山マリーナシティ」と「コスモパーク加太」、白浜町の「南紀白浜空港跡地」が盛り込まれているとされています。


とくに、敷地面積約40ヘクタールを有する「和歌山マリーナシティ」に注目が集まっており、2017年時点で駐車場として使用されている15ヘクタールがすぐに利用可能であることがすでに発表され、さらにホテルや施設などがある10ヘクタールも提供できるとのこと。



また、関西空港から近い立地によるアクセスの利便性と、日本有数のリゾート地・南紀白浜や神道の世界を代表する熊野古道、高野山、伊勢神宮(三重県)など世界的に有名な観光地もあることから、地方のIR誘致では最有力候補地の見方もあります。


IR誘致に積極的な自民党・二階俊博幹事長の故郷ということで、今後も地方カジノの代表格としてIR誘致を全力で進めていくようです。



★和歌山カジノの開業日程と場所
和歌山カジノはいつどこにできるのか?


( 写真引用元:和歌山マリーナシティ/http://www.marinacity.com/ )



≫ 目次に戻る

関連記事

10月のおすすめカジノ&ポーカーバー

  1. ( ※「POKER CLUB M」の口コミ・情報提供はコチラ ≫ ) POKER CLUB M…
  2. ( ※「THE RIVER Kyoto Gion」の口コミ・情報提供はコチラ ≫ ) THE …
  3. ( ※「Bond」の口コミ・情報提供はコチラ ≫ ) Bond 府中 概要 ものまねショー…
  4. 目次 1. "Five channel OKAYAMA"の概要 2. "Five chan…
  5. 目次 1. "Arekey"の概要 2. "Arekey"の詳細情報 3. "Arekey…

日本カジノIR参入企業

  1. ハードロックインターナショナル(Hard Rock International)

    目次 1. ハードロック・インターナショナルの概要 2. ハードロック・インターナショナルの…
  2. メルコリゾーツ&エンターテインメント(香港,マカオ,日本)

    目次 1. メルコリゾーツ&エンターテインメントの概要 2. メルコリゾーツ&エンターテイン…
  3. クレアベストグループ(Clairvest Group)

    クレアベストグループ(Clairvest Group) 概要 クレアベストグループ(Clairv…
  4. モンテカルロSBM(Monte-Carlo SBM)

    目次 1. モンテカルロ・ソシエテ・デ・バン・ド・メールの概要 2. モンテカルロ・ソシエテ…
  5. カジノオーストリアインターナショナル(CAI)

    目次 1. カジノオーストリアインターナショナル(CAI)の概要 2. カジノオーストリアイ…
  6. MGMリゾーツインターナショナル(ラスベガス/大阪/日本)

    目次 1. MGMリゾーツインターナショナルの概要 2. MGMリゾーツインターナショナルの…
ページ上部へ戻る