目次

1. “WTOH”の概要
2. “WTOH”の詳細情報
3. 才能あるポーカープレイヤーが考えてみるべきプロへの道

※「WTOH」の口コミ・情報提供はコチラ ≫




“WTOH”の概要

ポーカーサークル「WTOH」は、2009年に設立された大阪を中心に活動するポーカーサークルです。2017年より「カンポ関西」(WTOH Osaka)という団体名になり、月に1~2回大阪市内の公民館を中心に”DeepStack”トーナメントなど開催しています。



サークルメンバーは、学生から社会人、女性や還暦以上の方など、非常に幅広い年齢層の人が参加しています。また、ポーカースキルのレベルも様々で、テキサスホールデムを始めて数ヵ月の初心者から、「全日本ポーカー選手権」の優勝プレイヤー、ポーカー最大の世界大会「WSOP」(World Series Of Poker)や海外で開催される各種ポーカートーナメントの入賞者・優勝者など、本当に多くの人たちが楽しく真剣にポーカーを楽しんでいます。そのため、初心者から海外カジノで活躍して収入を得たい人、趣味で遊び続けたい方まで、どなたでもサークルに参加できる点がおすすめポイントです。



一方、多くのポーカーファンが参加する毎年恒例の「滋賀合宿」など、リングゲームやポーカートーナメント以外のポーカーイベントも満載です。



≫ 目次に戻る




“WTOH”の詳細情報

●団体名: ポーカーサークル WTOH

●URL: http://wtoh.club/

●公式Twitter: https://twitter.com/wtohosaka/(@WtohOsaka)

●カジノゲーム
ノーリミテッドテキサスホールデム
オマハ
…など多数

●イベント・開催トーナメント
“DeepStack”トーナメント
“NLHE”リングゲーム
“NLHE”トーナメント
“MIX”リングゲーム
“MIX”トーナメント
2DAYSイベント
…など多数

●総席数: -

●備考
毎回30名前後、年間で延べ500名以上のメンバーが参加しています。
参加資格は、18歳以上(18歳未満は保護者の同意書が必要)で一般的な社会常識がある人(賭博行為に関する考えがズレている人はご遠慮いただく場合があります)です。
賭博行為は絶対に禁止です。
フード,ドリンクは無料です。



≫ 目次に戻る




才能あるポーカープレイヤーが考えてみるべきプロへの道

実力かつ才能をあわせ持つプロプレイヤーの多くが利用しているポーカールームがあることをご存じですか?


それが「オンラインポーカー」です。



1.日本に居ながらキャッシュゲームに参加できる!


2.海外トーナメントに向けて本格的スキルアップが可能!



アミューズメントポーカーバーで開催されるトーナメントで上位入賞できるほどのスキルを備えているプレイヤーなら、世界をまたにかけるプロフェッショナルになれる可能性があります。


≫ 詳細はコチラ



≫ 目次に戻る

関連記事

4月のおすすめカジノ&ポーカーバー

  1. ( ※「Hurly Burly」の口コミ・情報提供はコチラ ≫ ) Hurly Burly …
  2. 目次 1. "Arekey"の概要 2. "Arekey"の詳細情報 3. "Arekey…
  3. ( ※「Jack & Queen」の口コミ・情報提供はコチラ ≫ ) Jack & Queen…
  4. 目次 1. アキバギルド(AKIBA GUILD)の概要 2. アキバギルド(AKIBA G…
  5. 目次 1. "BLUFF BAR"の概要 2. "BLUFF BAR"の詳細情報 3. "…

日本カジノIR参入企業

  1. SJMホールディングスマカオ(SJM Holdings)

    目次 1. SJMホールディングスの概要 2. SJMホールディングスの運営カジノ一覧  …
  2. MGMリゾーツインターナショナル(ラスベガス/大阪/日本)

    目次 1. MGMリゾーツインターナショナルの概要 2. MGMリゾーツインターナショナルの…
  3. モヒガンゲーミング&エンターテイメント(Mohegan Gaming)

    目次 1. モヒガン・ゲーミング・エンターテイメントの概要 2. モヒガン・ゲーミング・エン…
  4. シーザーズエンターテインメント(ラスベガス)

    目次 1. シーザーズ・エンターテインメントの概要 2. シーザーズ・エンターテインメントの…
  5. ウィンリゾーツ(ラスベガス,マカオ)

    目次 1. ウィン・リゾーツの概要 2. ウィン・リゾーツの運営カジノ一覧  ・アメリカ合…
  6. モンテカルロSBM(Monte-Carlo SBM)

    目次 1. モンテカルロ・ソシエテ・デ・バン・ド・メールの概要 2. モンテカルロ・ソシエテ…
ページ上部へ戻る