ドバイCM高須院長がマカオカジノでロールスロイス購入!

高須克弥(たかすかつや)

●名前: 高須克弥(たかすかつや)
●生年月日: 1945年1月22日
●出身地: 愛知県西尾市
( 写真出典元・参考文献:NEWSポストセブン/http://www.news-postseven.com/ )



美容整形を日本に広めた第一人者として有名な「高須クリニック」院長・高須克弥氏。

昭和大学医学部卒業後、同大学院医学研究科博士課程修了、大学院在学中からひんぱんに海外(主にヨーロッパ)へ研修へ行き、最新の美容外科技術を取得、現在は昭和大学医学部形成外科学客員教授も務める超エリートドクターです。


最近では、ドバイのパームジュメイラなどを舞台とした「高須クリニックCMドバイ編」が話題ですが、そんな高須氏は約40年前、マカオカジノで大勝ちした経験があります。


tripb0028i2 tripb0028i3
※ パームジュメイラの高級リゾート「アトランティス・ザ・パーム」


その日かなり儲かっていたらしいですが、当時は現地通貨を日本円に両替するシステムがなく、勝ち金をどう処理すれば良いか分からなかったとのこと。

そこで、カジノからホテルに帰る送迎用の車がロールスロイスのシルバーシャドウだったことで、その場でその車を約500万円で現金一括購入。

しかし、シッピングに約200万円、車検に約300万円ほどかかり、結果的に1,000万円近くかかってしまったようです。


さらに、日本に持ち帰ってからというもの故障が多く、かなりの修理代のコストがかかり、その結果ロールスロイス代を頭金にして「リンカーン・コンチネンタル」に買い換えようと思い査定してもらったところ、「100万円にしかならない」と言われたそうです。



さて、そんな高須氏がカジノでプレイするゲームは主にルーレットや大小で、たとえばルーレットでは「赤・黒」「偶数・奇数」かに全財産をベットする丁半博打の賭け方で勝負に挑むのだとか。

やはりカジノプレイ資金が多い富裕層VIPは、バカラやルーレット(赤黒など)のような二者択一ゲームの方が、資金を大きく増やすのに効率が良いのでしょう。



★丁半博打の攻略法とは?
バカラ&ルーレットの二者択一ゲーム必勝法 ≫

関連記事

7月のおすすめカジノ&ポーカーバー

  1. Dining Bar Arekey 概要 兵庫県西宮市にあるアジアリゾート風カジノバー「Dini…
  2. Jack & Queen 概要 2014年7月オープンの大阪・難波にある日本一ランドカジノの雰囲…
  3. POKER CLUB M 概要 大阪の西梅田にある一流テキサスホールデムポーカークラブ。 …
  4. Nuts Bar アメ村 概要 観光地として有名な大阪ミナミ「アメ村」(西心斎橋)唯一の老舗ポー…
  5. +2(PLUS TWO) 概要 大阪北堀江にある有名ポーカールーム。   テ…

日本カジノIR参入企業

  1. ゲンティングループ(Genting Group)

    ゲンティン・グループ(Genting Group) 概要 1964年に林梧桐により設立されたゲン…
  2. パラダイスインターナショナル(韓国)

    パラダイス・インターナショナル(Paradise International Co Ltd) 概要…
  3. SJMホールディングスマカオ(SJM Holdings)

    SJMホールディングス(SJM Holdings) 概要 「マカオのカジノ王」と名高いスタンレー…
  4. ギャラクシーエンターテインメントマカオ(Galaxy Entertainment)

    ギャラクシー・エンターテインメント(Galaxy Entertainment Group Limit…
  5. MGMリゾーツインターナショナル(ラスベガス)

    MGMリゾーツ・インターナショナル(MGM Resorts International) 概要 …
  6. カジノオーストリアインターナショナル(CAI)

    カジノオーストリアインターナショナル(CAI) 概要 「カジノ・オーストリア・インターナショナル…
ページ上部へ戻る