浅田次郎(あさだじろう)

●名前: 浅田次郎(あさだじろう)
●生年月日: 1951年12月13日
●出身地: 東京都中野区
( 写真出典元:朝鮮日報/http://www.chosunonline.com/ )



大ヒット映画「鉄道員(ぽっぽや)」や「薔薇盗人」「蒼穹の昴」「壬生義士伝」「中原の虹」などの作品で、海外でも有名な作家・浅田次郎氏。


1951年東京都中野区生まれ。1991年に作家としてデビューした後、1995年「地下鉄に乗って」で第16回吉川英治文学新人賞、1997年「鉄道員」で第117回直木三十五賞、その後数々の賞を受賞してきました。

また、「1冊でもしくじったら終わり」という心構えで全作品に最善を尽くすことをモットーに、2014年までに合計100冊の本を執筆されたことが、2015年の「紫綬褒章」選出につながったのかもしれません。


そんな国民的人気作家の浅田次郎氏は、今でこそ「カジノは0.1%、小説が99.9%」の生活を送っているようですが、以前はモナコ、イギリス、ドイツ、イタリア、ラスベガス、モロッコ、南アフリカなどヨーロッパを中心とした世界中のカジノを渡り歩いた経験があり、イギリスロンドンではカジノVIP会員としてプレイしていたそうです。

そして、そこで経験したカジノ体験を小説「カッシーノ!」シリーズ作品として世に送り出すほどカジノマニアでもあります。



ギャンブルは、趣味でも仕事でもなく信仰である!」と提言するほどギャンブル好きな浅田次郎氏。

しかし、基本的に宝くじ・パチンコ・競馬・競輪・麻雀など日本のギャンブルには手を出さないとか。


なぜなのかはよく分かりませんが、日本のギャンブルがカジノと比較して還元率(期待値・払戻率・出玉率)が低く、勝ちにくい性質があることが理由の一つになっているかもしれません。


b002a2


いづれにせよ、何らかの世界で一流を極めた人は「カジノが好きである」と言われますが、浅田次郎氏はその良い例ではないかと思います。

関連記事

1月のおすすめカジノ&ポーカーバー

  1. 梅田カジノバー「ALL IN」 概要 【梅田初!!】2018年4月、梅田中通りに『ALL IN』…
  2. Nuts Bar(ナッツバー) 概要 大阪ミナミ・アメ村(西心斎橋)に2011年5月オープンした…
  3. +2(PLUS TWO) 概要 大阪北堀江にある有名ポーカールーム。   テ…
  4. ナゴヤギルドカジノ(Nagoya Guild Casino) 概要 2015年3月13日オープン…
  5. Jack & Queen 概要 2014年7月オープンの大阪・難波にある日本一ランドカジノの雰囲…

日本カジノIR参入企業

  1. メルコリゾーツ&エンターテインメント(香港/マカオ/日本)

    旧メルコクラウン・エンターテインメント(Melco Crown Entertainment) 概要…
  2. ゲンティングループ(Genting Group)

    ゲンティン・グループ(Genting Group) 概要 1964年に林梧桐により設立されたゲン…
  3. カジノオーストリアインターナショナル(CAI)

    カジノオーストリアインターナショナル(CAI) 概要 「カジノ・オーストリア・インターナショナル…
  4. ラスベガスサンズ(Las Vegas Sands/日本)

    ラスベガス・サンズ(Las Vegas Sands) 概要 1988年に設立された、アメリカネバ…
  5. シーザーズエンターテインメント(ラスベガス)

    シーザーズ・エンターテインメント(Caesars Entertainment) 概要 1937年…
  6. SJMホールディングスマカオ(SJM Holdings)

    SJMホールディングス(SJM Holdings) 概要 「マカオのカジノ王」と名高いスタンレー…
ページ上部へ戻る