ギャラクシー・エンターテインメント(Galaxy Entertainment Group Limited)

概要

1991年に上場企業となったギャラクシーエンターテインメントグループは、マカオ専業のカジノ関連企業です。


2002年にマカオ政府からライセンスを取得しカジノ業界へ参入、2005年よりカジノ・ホテル事業、その他エンターテインメント施設運営、建設資材の製造・販売事業などを統合したグループ企業となりました。



現在、ラグジュアリー路線のリゾートホテルと、中規模ホテル内のフランチャイズ方式衛星カジノ施設「シティクラブ」を展開することで、マカオ第3位のカジノ市場を占めています。


また、アジア有数のフィリピンのリゾート観光地・ボラカイ島でも、5億米ドルを投資して、フィリピン企業「レジャー・アンド・リゾーツ・ワールド」(LRWC)の子会社「ABレジャー・エクスポーネント」とジョイントする低層建築型カジノリゾート開発を計画しています。



一方、日本のIRリゾートに関しては、香港の長者番付の常連・呂志和会長自身が日本カジノ(IR)への参入を考察していると言われており、2017年3月30日「モンテカルロSBMグループ」と戦略的提携を正式に成立したことで、日本を含むアジア圏のIR事業を共同で開発・運営する方針を明らかにしています。


同年5月9日には「丹下都市建設設計」との提携契約に署名したことを発表しました。



* 2018年2月、ウィン・リゾーツ社会長兼最高経営責任者(CEO)スティーブ・ウィン氏が、セクハラ疑惑で現職から退き保有株を売却、さらに新たに発行した普通株式530万株をマカオのギャラクシー・エンターテインメント・グループ(銀河娯楽集団)に売却しました。ギャラクシーはウィンの新株を1株当たり175ドル、総額約9億2,750万ドル(約970億円)で取得し、4.9%を所有する大株主となっています。




運営カジノ一覧

マカオ(中華人民共和国特別行政区)

ギャラクシー・マカオ(Galaxy Macau)
ザ・ブロードウェイ・マカオ(The Broadway Macau)
スターワールド・マカオ(Star World Macau)



(写真:公式サイト/https://www.galaxyentertainment.com/)

関連記事

7月のおすすめカジノ&ポーカーバー

  1. AAA's大宮 概要 2015年12月にオープンした埼玉県の大宮にあるレストラン&カジノバー。 …
  2. ガットショット(Gutshot) 概要 2015年9月1日、東京・湯島にオープンしたアミューズメ…
  3. アキバギルド(AKIBA GUILD) 概要 2007年にオープンした東京秋葉原の有名カジノバー…
  4. メイドカジノ・Ritz(リッツ) 概要 2014年9月9日オープンの名古屋初メイドカジノカフェ。…
  5. 梅田カジノバー「ALL IN」 概要 【梅田初!!】2018年4月、梅田中通りに『ALL IN』…

日本カジノIR参入企業

  1. パラダイスインターナショナル(韓国)

    パラダイス・インターナショナル(Paradise International Co Ltd) 概要…
  2. MGMリゾーツインターナショナル(ラスベガス)

    MGMリゾーツ・インターナショナル(MGM Resorts International) 概要 …
  3. ギャラクシーエンターテインメントマカオ(Galaxy Entertainment)

    ギャラクシー・エンターテインメント(Galaxy Entertainment Group Limit…
  4. モンテカルロSBM(Monte-Carlo SBM)

    モンテカルロ・ソシエテ・デ・バン・ド・メール(Monte-Carlo SBM) 概要 モンテカル…
  5. メルコリゾート&エンターテインメント(香港/マカオ)

    旧メルコクラウン・エンターテインメント(Melco Crown Entertainment) 概要…
  6. ウィンリゾーツ(ラスベガス/マカオ)

    ウィン・リゾーツ(Wynn Resorts) 概要 1980年代に設立された、アメリカネバダ州ラ…
ページ上部へ戻る