目次

1. ラスベガス・サンズの概要
2. ラスベガス・サンズの運営カジノ一覧
 ・アメリカ合衆国ネバダ州ラスベガスのカジノ
 ・アメリカ合衆国ペンシルベニア州ベスレヘムのカジノ
 ・マカオ(中華人民共和国特別行政区)のカジノ
 ・シンガポールのカジノ



ラスベガス・サンズの概要

ラスベガス・サンズ」(Las Vegas Sands)は、1988年に設立された、アメリカネバダ州ラスベガスのカジノホテルリゾート運営企業です。カジノ業界で著名なシェルドン・アデルソン氏が会長兼CEOを務めており、これまでアメリカのラスベガス、マカオ、シンガポールなどでIR事業を展開、いずれも圧倒的な観光客動員数をほこり、カジノシティのシンボルとして大きな存在感があります。



アジア地区でのIR事業では、マカオの「ザ・ベネチアン・マカオ」が2018年までに10年連続「ワールド・トラベル・アワード」を受賞する快挙を成し遂げ、一方で近年のアメリカ国内の事業では、2018年6月13日に「マディソンスクエアガーデン」(MSG)とジョイントして、ラスベガスに球体型の「MSG Sphere Las Vegas」アリーナを建設する計画を発表しました(2020年末に完成予定)。



しかし2021年3月3日、ラスベガスの「ベネチアンリゾート」(The Venetian Resort & Casino)や「サンズエクスポ&コンベンションセンター」(Sands Expo & Convention Centre)といったカジノホテル事業を、米投資ファンドに売却することを発表し、売却額は62億5,000万USD(約6,700億円)で、内訳はベネチアン運営会社を米投資会社「アポログローバルマネジメント」(Apollo Global Management,Inc)傘下ファンドに22億5,000万USD、またベネチアンの土地と不動産を不動産投資信託(REIT)の「VICIプロパティーズ」(VICI Properties Inc)へ40億USDで売却することになりました。今後は、マカオとシンガポールを中心とするアジア事業へ再投資する戦略を進めているようです。



一方、日本カジノの参入については、2014年にシェルドン・アデルソン氏自身が「日本へのIR投資は100億ドルでも出す」(約1兆1,200億円)と表明し、2016年4月には子会社の「マリーナベイ・サンズ」(シンガポール)を通じて、日本市場における集客キャンペーンに乗り出したほか、2017年2月21日~22日に東京都内のホテルで開催された機関投資家向けイベントでも、100億ドル以上の投資の可能性を明らかにしていましたが、2019年8月22日に大阪府和歌山県長崎県に続いて横浜市(神奈川県)がIR誘致を正式に表明したことで、「大阪でのIRの機会を今後追求しない」として大阪IR開発から撤退し、横浜市と東京都のIRプロジェクトに集中する考えを示しました。



これにより、今後仮に横浜市でIRの開業が決定した場合にカジノ運営会社の最有力候補として名前が上がる可能性が高いとされてきましたが、2020年5月12日、世界的な新型コロナウイルスの感染拡大で業績が悪化したことや、付与される事業免許の有効期限が短く収益性に問題がある点などが響き、日本IRからの撤退を発表しました。



なお、2021年1月11日に、創業者のシェルドン・アデルソン(Sheldon Gary Adelson)氏が「非ホジキンリンパ腫」の合併症のため亡くなっています。アデルソン氏は、事業で築いた資産をアメリカとイスラエル両国の保守政治家への支援に使い、2016年の米大統領選では、トランプ大統領に2,500万USD(約26億円)を献金したことでも知られています。



≫ 目次に戻る




ラスベガス・サンズの運営カジノ一覧

アメリカ合衆国ネバダ州ラスベガスのカジノ

ベネチアンホテル&カジノ(Venetian Hotel & Casino)
ザ・パラッゾ(The Palazzo)
サンズエキスポ&コンベンションセンター(Sands Expo and Convention Center)



アメリカ合衆国ペンシルベニア州ベスレヘムのカジノ

サンズ・カジノ・リゾート・ベスレヘム(Sands Casino Resort Bethlehem)



マカオ(中華人民共和国特別行政区)

サンズ・マカオ
ザ・ベネチアン・マカオ
サンズ・コタイセントラル
フォーシーズンズ・マカオ・コタイストリップ
パリジャン・マカオ



シンガポールのカジノ

マリーナベイ・サンズ



≫ 目次に戻る



(写真:公式サイト/https://www.sands.com/)

関連記事

8月のおすすめカジノ&ポーカーバー

  1. 目次 1. オールイン(ALL IN)の概要 2. オールイン(ALL IN)の詳細情報 …
  2. 目次 1. ナゴヤギルドカジノの概要 2. ナゴヤギルドカジノの詳細情報 3. ナゴヤギル…
  3. 目次 1. "BAD BEAT"の概要 2. "BAD BEAT"の詳細情報 3. "BA…
  4. 目次 1. "Five channel OKAYAMA"の概要 2. "Five chan…
  5. 目次 1. メイドカジノRitz(リッツ)の概要 2. メイドカジノRitz(リッツ)の詳細…

日本カジノIR参入企業

  1. ブルームベリーリゾーツ(Bloomberry Resorts)

    目次 1. ブルームベリー・リゾーツの概要 2. ブルームベリー・リゾーツの運営カジノ一覧 …
  2. ラスベガスサンズ(Las Vegas Sands/日本)

    目次 1. ラスベガス・サンズの概要 2. ラスベガス・サンズの運営カジノ一覧  ・アメリ…
  3. フォックスウッズリゾートカジノ(Foxwoods Resort Casino)

    目次 1. フォックスウッズ・リゾート・カジノの概要 2. フォックスウッズ・リゾート・カジ…
  4. SJMホールディングスマカオ(SJM Holdings)

    目次 1. SJMホールディングスの概要 2. SJMホールディングスの運営カジノ一覧  …
  5. パラダイスインターナショナル(韓国)

    目次 1. パラダイス・インターナショナルの概要 2. パラダイス・インターナショナルの運営…
  6. モンテカルロSBM(Monte-Carlo SBM)

    目次 1. モンテカルロ・ソシエテ・デ・バン・ド・メールの概要 2. モンテカルロ・ソシエテ…
ページ上部へ戻る