ビル・ゲイツ(Bill Gates)

●名前: ウィリアム・ヘンリー・ビル・ゲイツ3世(William Henry Bill Gates III)
●生年月日: 1955年10月28日
●出身地: アメリカ合衆国ワシントン州シアトル
( 写真出典元:朝日新聞デジタル/http://www.asahi.com/ )



カジノリゾート施設を所有しているセレブではないものの、カジノゲーム好き著名人としてはずすことができない世界一の富裕層、ビル・ゲイツ氏。



ビル・ゲイツ氏は、1955年アメリカ合衆国ワシントン州シアトル生まれ。

父が弁護士、母が銀行家のお嬢様という裕福な家庭で育ち、幼少の頃は偉大な発明家の伝記など様々な書籍を読みあさったそうです。


学校生活では常に優秀な成績を収め、私立レイクサイド高校時代には、友人のポール・アレンとともにコンピューター関連の会社を創業。

その後、名門・ハーバード大学に入学するも、専門の法学に熱中することができず休学、再びポール・アレンとともに「マイクロソフト社」を設立し、後に「Windows」シリーズを開発・発表するにいたりました。

※ 2007年ハーバード大学より名誉学位号が授与



さてそんなビル・ゲイツ氏、小さなころから知能指数がずば抜けて高く、大学で学ぶはずだった法学をそっちのけで、カジノゲームの「ポーカー」(テキサスホールデム・オマハ等)にはまっていました。


それこそ毎晩のようにポーカーゲームで勝ち負けを繰り返し、「マイクロソフト社」を設立してからも、たびたび有名投資家ウォーレン・バフェット(ゲイツ氏に次ぐ超富裕層)とポーカー勝負に明け暮れていたそうです。

そしてその時のゲーム経験が、経済動向の見方事業運営の判断に役立っていると言われています。



現在、マイクロソフト社の共同創業者兼元会長兼顧問、ビル&メリンダ・ゲイツ財団共同創業者兼共同会長など様々な役職を歴任しており、2015年時点の推定純資産額はじつに792億ドル(約9兆5000億円)、資本主義世界で長年トップを走り続けていますが、ビジネスで勝負し続けるマインドはポーカーゲームから学んだと言っても過言ではないでしょう。

関連記事

4月のおすすめカジノ&ポーカーバー

  1. ブラフバー(BLUFF BAR) 概要 2009年オープンの大阪初の本格的ポーカーバー。ビル4F…
  2. Nuts Bar アメ村 概要 観光地として有名な大阪ミナミ「アメ村」(西心斎橋)唯一の老舗ポー…
  3. ナゴヤギルドカジノ(Nagoya Guild Casino) 概要 2015年3月13日オープン…
  4. バニーズギルド(Bunny's Guild) 概要 バニーズギルド(Bunny's Guild)…
  5. AAA's大宮 概要 2015年12月にオープンした埼玉県の大宮にあるレストラン&カジノバー。 …

日本カジノ参入企業

  1. ウィンリゾーツ(ラスベガス/マカオ)

    ウィン・リゾーツ(Wynn Resorts) 概要 1980年代に設立された、アメリカネバダ州ラ…
  2. ラスベガスサンズ(Las Vegas Sands)

    ラスベガス・サンズ(Las Vegas Sands) 概要 1988年に設立された、アメリカネバ…
  3. メルコクラウンエンターテインメント(香港/マカオ)

    メルコクラウン・エンターテインメント(Melco Crown Entertainment) 概要 …
  4. ゲンティングループ(Genting Group)

    ゲンティン・グループ(Genting Group) 概要 1964年に林梧桐により設立されたゲン…
  5. ブルームベリーリゾーツ(Bloomberry Resorts)

    ブルームベリー・リゾーツ(Bloomberry Resorts) 概要 2013年に設立された、…
  6. SJMホールディングスマカオ(SJM Holdings)

    SJMホールディングス(SJM Holdings) 概要 「マカオのカジノ王」と名高いスタンレー…
ページ上部へ戻る