日本カジノの服装&ドレスコード

服装(ドレスコード)について

現在海外のカジノ場では、ほとんどの国のカジノで厳しいドレスコードの規定はありません。


とくにマカオなどの巨大IR施設では、人通りが多く入場口も点在していることから、係員や警備員による服装チェック自体が難しい状況で、ラスベガスのIRリゾートに関しても、ホテルへ行くために必ずカジノ場を通る必要があるリゾートがほとんどで、人通りも多いことからドレスコードは定められていません。



しかし、一般的にタンクトップ(ノースリーブ)や短パン、短すぎるスカート、パジャマ、サンダルなどあまりにラフすぎる服装での入場は、ラスベガスやマカオなどの巨大カジノIR施設以外では係員に注意される可能性があり、着用はオススメできません。


また、ヨーロッパのカジノ場では、入場するためにジャケット着用が規定されていたり(女性は露出度の低いカジュアル)、Yシャツや長ズボンが必須(運動靴は着用可能)な場所もあり、もし所持していなかった場合は、ジャケットのみフロントのクロークにて1着数百円ほどで借りることができます。



日本のカジノはシンガポールと同じく、とくに厳格なドレスコードが設定されることはないと思いますが、最低限TPOに見合ったカジュアルな服装を心がける方が良いでしょう。



★日本カジノに参入表明するカジノ企業
≫ 海外の大手カジノ企業一覧はコチラ

関連記事

2月のおすすめカジノ&ポーカーバー

  1. バニーズギルド(Bunny's Guild) 概要 バニーズギルド(Bunny's Guild)…
  2. Bond 府中 概要 ものまねショーもやっている、府中のエンターテイメントレストランと言ったら「…
  3. カジノクエスト 概要 2016年2月にオープンした、冒険者が魔王を倒す長い旅の疲れを忘れられる休…
  4. Dining Bar Arekey 概要 兵庫県西宮市にあるアジアリゾート風カジノバー「Dini…
  5. 梅田カジノバー「ALL IN」 概要 【梅田初!!】2018年4月、梅田中通りに『ALL IN』…

日本カジノIR参入企業

  1. ルシアンバリエール(Groupe Lucien Barrière)

    ルシアン・バリエール(Groupe Lucien Barrière) 概要 バリエール(Barr…
  2. パラダイスインターナショナル(韓国)

    パラダイス・インターナショナル(Paradise International Co Ltd) 概要…
  3. ゲンティングループ(Genting Group)

    ゲンティン・グループ(Genting Group) 概要 1964年に林梧桐により設立されたゲン…
  4. ウィンリゾーツ(ラスベガス/マカオ)

    ウィン・リゾーツ(Wynn Resorts) 概要 1980年代に設立された、アメリカネバダ州ラ…
  5. クレアベストグループ(Clairvest Group)

    クレアベストグループ(Clairvest Group) 概要 クレアベストグループ(Clairv…
  6. モンテカルロSBM(Monte-Carlo SBM)

    モンテカルロ・ソシエテ・デ・バン・ド・メール(Monte-Carlo SBM) 概要 モンテカル…
ページ上部へ戻る