2017年の横浜みなとみらいカジノニュース速報(最新順)

【横浜市長選】主要3候補予定者出揃う

産経新聞-6月21日(水)


7月16日告示、30日投開票の横浜市長選で、民進党市議の伊藤大貴氏(39)が20日、無所属での立候補を正式表明した。

カジノを含む統合型リゾート(IR)誘致反対や中学校給食実現などを訴える。


自身の離党の有無や市議辞職の時期、他党との連携などについては明言を避けた。


これですでに出馬を表明している元衆院議員の長島一由氏(50)、現職で3選を目指す林文子氏(71)の主要候補予定者3氏が出そろい、いよいよ本格的な選挙戦に突入する。



横浜市長選 林氏、3選出馬を表明 自民党市連が推薦

産経新聞-6月7日(水)


7月30日投開票の横浜市長選に関し、林文子市長(71)は6日の市議会本会議で「横浜を大きく発展させていきたい。来る市長選に強い決意をもって臨んでまいりたい」と3選出馬を正式に表明した。

無所属での出馬だが、自民党市連からの推薦を受けた。


選挙の争点となるカジノを含む統合型リゾート(IR)誘致については「ギャンブル依存症対策は考えるべきだが、(誘致を)判断するに至っていない」と話すにとどめた。具体的な公約は今後作成し公表する。


市長選には既に、カジノ誘致反対を掲げてい元衆院議員・長島一由氏(50)が出馬を表明している。



難航 山下ふ頭再開発 横浜市、年度内契約を断念

神奈川新聞-2月8日(水)


横浜臨海部の新たなにぎわい拠点となる山下埠頭(横浜市中区)の再開発が難航している。


先行開発する一部エリアで操業中の倉庫事業者と移転交渉を進めてきた市は、本年度内としてきた契約締結を、あえなく断念。開会中の市会定例会に関連予算案を提出することを7日、明らかにした。


一方で、先行エリアを2020年度に完成する方針は据え置くとしている。




2016年の横浜みなとみらいカジノニュース速報(最新順)

カジノ効果6,000億円 臨海部再開発に弾み、雇用創出6万人超

産経新聞-12月3日(土)


山下公園に隣接する山下ふ頭。横浜市によって昭和38年に完成した約47ヘクタールの埋め立て地で、カジノが解禁された場合、建設候補地の“本命”とされる。


山下ふ頭では現在、観光スポットに近いという立地特性を生かし、商業施設や宿泊施設建設といった再開発構想が進む。東京五輪が開催される平成32年に約13ヘクタールについて先行開業する計画で、倉庫や海運会社などで構成する横浜港運協会と横浜市との間で調整が続いている。


昨年9月に作った開発基本計画によると、山下ふ頭の将来の姿に関し、滞在型リゾートやエンターテインメント空間創出を中核に据えた「ハーバーリゾート」と銘打っており、カジノ解禁を見据えた再開発が急ピッチで進むことになる。



カジノ構想どうなるの?候補地ヨコハマで23日シンポ

ovoオーヴォ-6月14日(火)


地域振興の切り札として経済界などで注目されるカジノ構想。

カジノ合法化に向けた「カジノ法案」は慎重論もあり、国会ではまだ結論は出ていない。


カジノ法案の行方が不透明の中、カジノが解禁された場合の有力候補地の一つ、横浜市で、カジノ構想を様々な角度から議論するパネルディスカッションが6月23日午後12時から、山下公園前のホテルニューグランド(横浜市中区)で開かれる。


カジノに詳しい大阪産業大学教授でアミューズメント産業研究所所長の美原融氏やカジノを取り入れた山下ふ頭の再開発を主張している地元横浜市議の田野井一雄氏がパネリストを務め、カジノのメリット、課題や地域経済に与える影響などについて議論を交わす。


参加費は食事付きで5,000円。問い合わせ・参加申し込みは主催者の如水会横浜支部(担当幹事・中村建二郎)、メールアドレス kennakamura@yasudamakoto.com、電話090-4021-3093、FAX045-625-0931へ。




2015年までの総括


2015年2月、大阪市とともにカジノ開発地区の最有力候補に浮上し、東京五輪・パラリンピックまでの開業を目指している神奈川県横浜市・みなとみらい地区のカジノIR誘致。


IR誘致に消極的な沖縄県知事・翁長雄志氏と異なり、中田宏前市長、林文子現市長(2009年~)ともにカジノ大賛成派だったため、横浜市のIR誘致の歴史はこれまでとても順調に進んできました。



まず、未利用地・山下埠頭を活用した「カジノ構想」が公に議論されることになったのが2009年です。


当時開催された開港150周年イベント「横浜トリエンナーレ」前には、「カジノ構想」のほか、海外に向けての「豪華客船誘致構想」、世界中のジェットコースターを一堂に集めた「ジェットオーシャン構想」、その他「都市型ロープウェイ構想」、「プチモノレール構想」、そして「羽田空港再拡張・国際化」が検討されるなど、横浜ならではの広大な環境と便利なアクセスを生かした街造り計画が話し合われました。


その中でも「カジノ構想」では、ラスベガス・マカオなどカジノを中心にホテル、レストラン、ショッピングモール、劇場、映画館、アトラクション、会議室、ビジネスコンベンションセンターなどを組み合わせた「IR」施設や、イタリアなどヨーロッパの温泉保養地、避暑地に設けられた「社交場型カジノ」、さらに世界の豪華クルーズが来航する大桟橋を利用した「船上カジノ」など、世界の様々な形式のカジノが考察されることに。


singapore002a


結果として2014年に、「マリーナ・ベイ・サンズ」「リゾートワールド・セントーサ」の2つのIR施設を導入したことで国際的観光地として成功を収めたシンガポールを参考にすることが決定し、ホテルやショッピングモール、映画館、アトラクションのほか、会議室やセミナールーム、国際コンベンションセンターなどビジネス施設を併用した「MICE」(マイス)タイプのカジノリゾートを目指す方針になったのです。


そして2014年4月、統合型リゾート(IR施設)を誘致するプロジェクトチームが発足されました。



また同年8月、東京や羽田空港へのアクセス権を持つ京浜急行電鉄が横浜・山下埠頭、東京・お台場へのIR事業参入検討を発表し、さらにパチンコパチスロ大手「セガサミー・ホールディングス」や大手不動産企業「三菱地所」も横浜カジノへの進出に意欲を見せることに。


yokohama0002

yokohama0003


2015年9月14日には、みなとみらい地区(山下埠頭など)で「横浜ドーム」建設計画も持ち上がり、約47ヘクタールの市有地内に球場を建設、カジノリゾートとの相乗効果で世界中から観光客を呼び寄せるなど、今後もカジノ誘致に積極的な明るい話題が続きそうです。


( 写真引用元:横浜ドームを実現する会/http://www.yokohama-dome.com/ )

関連記事

6月のおすすめカジノ&ポーカーバー

  1. Jack & Queen 概要 2014年7月オープンの大阪・難波にある日本一ランドカジノの雰囲…
  2. Nuts Bar アメ村 概要 観光地として有名な大阪ミナミ「アメ村」(西心斎橋)唯一の老舗ポー…
  3. メイドカジノ・Ritz(リッツ) 概要 2014年9月9日オープンの名古屋初メイドカジノカフェ。…
  4. バニーズギルド(Bunny's Guild) 概要 バニーズギルド(Bunny's Guild)…
  5. Hurly Burly 概要 大阪・北堀江にあるカジノバー。 本格的なドリンク&フードを堪…

日本カジノ外資企業

  1. シーザーズエンターテインメント(ラスベガス)

    シーザーズ・エンターテインメント(Caesars Entertainment) 概要 1937年…
  2. カジノオーストリアインターナショナル(CAI)

    カジノオーストリアインターナショナル(CAI) 概要 「カジノ・オーストリア・インターナショナル…
  3. モンテカルロSBM(Monte-Carlo SBM)

    モンテカルロ・ソシエテ・デ・バン・ド・メール(Monte-Carlo SBM) 概要 モンテカル…
  4. ブルームベリーリゾーツ(Bloomberry Resorts)

    ブルームベリー・リゾーツ(Bloomberry Resorts) 概要 2013年に設立された、…
  5. メルコリゾート&エンターテインメント(香港/マカオ)

    旧メルコクラウン・エンターテインメント(Melco Crown Entertainment) 概要…
  6. MGMリゾーツインターナショナル(ラスベガス)

    MGMリゾーツ・インターナショナル(MGM Resorts International) 概要 …
ページ上部へ戻る